忍者ブログ
就職・転職に有利な資格を中心にご紹介。 将来なりたい職業に関するものや、求人の際に 強みとなる資格を配信していきます。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファッションデザイナー資格 & CAD利用技術試験の詳細

CAD利用技術試験の詳細。
CAD利用技術試験には、1級、2級、基礎がある。

◆基礎試験
基礎試験は、半年程度の勉学経験がある者やCAD システムに関係する職業についてまだ間もない者が対象となる。
将来CAD システム関係に就職、転職を希望する者も含まれる。
CAD システムの基礎知識、ならびにPCN (パーソナルコンピュータ・ネットワーク) の基礎知識、製図、図形の知識が必要。



◆2級試験
2級は情報セキュリティの基礎知識がある半年以上の実務経験者が対象。
CADシステムを利用し、主に製図業務に従事する人向け。
CAD システムを操作するための十分な知識、PCの一般的な知識、製図の基礎知識が必要。

◆1級試験
1級は、実務経験1 年以上の者が対象。
CAD システムを利用し、主として設計・製図業務および2級資格取得者などの指導ができる者となる。
またCADシステムを操作するためのCADシステムのハードウエア・ソフトウェアについて高度な知識が必要。
個人受験者はノー ト型パソコンとCADソフトを自分で用意する必要がある。

2級と1級試験の併願受験ができるが、1級が合格点に達しても2級が不合格の場合は両方不合格となる。
cadエンジニア(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/detail/0010043693-S001566-0010044638/)

会社選びは自諭の個性に合わせて慎重に。
デザイナーになるには、果たして大手のアパレルがよいのか、小規模な会社の方がよいのか、は一度は悩むもの。

こればかりは、就職を希望する人の個性や会社に対する適応力に関係するので一倍にはいえないことである。
デザイナーをめざす時、会社の規模は一長一短であることである。
だから、自分が選んで採用された会社なら、まずそこが最良の職場だと考えて働くのが一番ということである。
一番大切なのは、デザイナーとして、第一歩を踏み出すことであるのは間違いない、それが一番大切である。
もちろん、大手の会社には大手としてのやり方がある。
また小さな会社には小さいなりに魅力がある。
会社は大小に限らず、商品企画からデザイン、サンプルつくり、縫製、必要なら販売まで、担当する必要があるかもしれない。
若いデザイナーにとっては、経験を積むよいチャンスととらえるのがよい。


◆ファッションデザイナー資格とは。
社団法人JAKDA(JapanKnitwearDesigner1sAssociation)という、ニット産業の活性化と振興に寄与することを目的とした通商産業省・生活産業局認定の公益法人がある。
このJAKDAにて「ファッションデザイナー資格」検定が主催されている。
この資格には、1級から3級がある。
内容はファッションの基礎知識(商品・素材・色彩)からマーケティング分析、商品作両棉案、デザイン画、アパレルマーチヤンダイジング等の専門知識が問われる。
ここが主催する資格検定は、他にもブロバタンナー、アパレルCADバタンナー、ディスプレイコーディネーターなどいくつかある。
自分のレベルにあった資格を受験するのがおススメfであり、デザイナーの道になる。
建築 3d cad

PR
comments
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackbacks
この記事にトラックバックする ()
| 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |
| prev | top |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
資格マスター
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]