忍者ブログ
就職・転職に有利な資格を中心にご紹介。 将来なりたい職業に関するものや、求人の際に 強みとなる資格を配信していきます。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リフォーマー & シューフィッターの資格情報

リフォーマー。
リフォーマー とは、洋服の修理や寸法直しを専門に行なう技術者の資格。



「ウエストさえ直せば、まだ着られるのに・・・」「ファスナーが壊れてしまって着られない」等のニーズに対して、サイズを合わせたり、壊れた金具を修理、服の寸法直しや修理をする。
リフォーマーの数は圧倒的に不足しており、技術をもっていると活躍可能性が高い、しかも自宅でできるのも魅力。
チラシや口コミ以外にも、近所のクリーニング店や洋品店、リフォームショップなどから仕事が来ることが多い。

とくに国家資格などはないが、しっかりとした技術が必要、ただ洋裁ができるだけでは不十分。
必要な技術は通信講座で見につけるのも良い、「がくぶん総合教育センター」の講座などがある。
また、リフォーマーのスキルとあわせて身につけると有利なのが、かけはぎの技術といわれる。
虫食いやタバコの焦げ跡などの傷を、共布を使って完壁に修復する技術のこと。
両方できれば仕事の幅が広がり、収入アップが期待できる。
建築cg 求人
【インテリア関連】 インテリアコーディネーター と ライフスタイルプランナー


シューフィッター。
シューフイツターとは、足に正しく合った靴選びの相談役として靴を販売できる資格。
そのために、靴の専門知識とフィッティング技術として、靴のための人間工学(足の構造、機能、生理、病理、寸法、形態、発育、老化まで)の幅広い知識と技術を習得する。
実践的なスキルとしては、顧客の足に関する情報を把握し、靴の製法、特徴などを正しくとらえて、靴によるトラブル予防のために微調整を施すスキルが必要。
この資格にはプライマリー 、バチェラー、マスターと三つのグレードがある。

・受験資格:靴関連の実務経験が3年以上の者。
・合格率:約60% (プライマリー) 。
・受験料:9万5000円+4750円(東京)。



プライマリーは、3日間で合計25時間のスクーリングと、3か月の通信講座を修了を行う。
その後、所定の試験に合格すれば、シューフイッター初級に認定される。
百貨店などの靴売り場の「スペシャリスト販売員」となる、または店頭で得た顧客情報を元に靴の改良をするなどの「靴選びの専門家」となる、等のキャリアアップや就職が期待できる。
資格 ケアマネジャー

PR
資格をとって就職! 問題意識・感性豊かな人材になる5つの方法 & トップ商品を持たない中途半端な会社は顧客の支持を得られない

よく観察し、よく考える。
問題意識スキルをあげるために、デパート巡りをして流行を調べたり、その店の問題点を見つけて自分なりの回答を考えることは、就職の面接に役に立つ。



デパート巡りは、ものを見て感じる感性を磨くということ、多くの人は努力して感性を磨くもの。

問題意識、感性豊かな人材になるために、①本を読む、②人の話に耳を傾ける、③人とよく話し合う、④物事をよく観察する、⑤よく考えるというのは重要。
マニュアル本にあるような、デパートを20店回って、客100人にインタビューするなどは非現実。
プログラマー 講座(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/detail/0010034364-S002132-0010092337/)
ファッションデザイナー資格 & CAD利用技術試験の詳細


トップ商品を持たない中途半端な会社は顧客の支持を得られない。
就職や転職で企業を選ぶなら、世界生き残り競争に勝ち抜く総合デパート型企業か、強い専門店型企業が好ましい。
陥りがちなのが「中途半端な会社」と「時代の役割を終えた会社」という別の二つのタイプに希望をしてしまうことである。
「中途半端な会社」は、総合デパートとして世界生き残り競争に出場するほどの力はないが、規模が大きく名前も知られているという会社。
このような会社は、日本の大企業には多い、知名度もあるので製品はそれなりに売れているが、業界ナンバーワンと言える商品はほとんどない。
景気が良いときには、会社の売上げも良く、利益をあげることができる。



低成長の場合には、強い製品がないために、苦戦を強いられる。
会社が総合デパート的であるために、仕入れや商品の揃えも規模が大きい、そのためにコストがかかり、急激に収益状況が悪くなる。
手軽に情報を調べることができ、一通りのものを持って余裕をもって商品選びをする現代では、トップブランドの商品か、他社にない特徴を持っている会社の製品が購入される傾向にある。
toeic 短期集中

TOEICテストの資格 & 人材派遣会社と上手に付き合う、転職は甘くないと覚悟する

人材派遣会社と上手に付き合う、転職は甘くないと覚悟する。
転職には、就職情報会社や人材会社との付き合いが重要。
転職しようと思う人が登録できる会社は、大手では「ケンブリッジ・リサーチ」や「リクルート系列のエイブリック」がある。
登録にいくと、自分が社会でどう見られているか、世間の相場だとどんな仕事がいくらであるかがわかる。
ヘッドハンターはこちらから売り込むものではなく、相手が評価し、アプローチしてくるもの。



ヘッドハン卜されて動く場合は別として、転職をするたびに会社の規模は小さくなるのが一般的。
パソコンスクール 三宮
【デザイン関連】 ブライダルコーディネーター、屋外広告士の資格


TOEICテスト。
TOEICスコアの目安としては、以下のガイドラインになっている。


・860点以上:英語がネイティブではない人としては、コミュニケーションが十分にできる。
・730点以上:どんな状況でも、適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
・470点以上:日常生活のニーズを満たし、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。

英語力を仕事に生かそうとする場合には、最低限でも470点のレベルは必要。
ちなみに、220~470点レベルは「通常会話で最低限のコミュニケーションができる」となる。
ゆっくり話してもらうか、くり返し言い換えをしてもらえば会話が成立する英語力、つまりどうにか英語がしゃべれるという程度。
公開テストでの730 点以上の人を対象に、スピー キング能力テストも用意されている。
心理カウンセラー 養成講座

照明コンサルタント & カフェプランナーの資格

心地よい明かりをコーディネー卜できる照明コンサルタント。
照明はその場の雰囲気を左右する重要な要素。
照明コンサルタントとは、照明を使った演出や、配線などの専門知識を持つスペシャリスト資格。
住居空間だけでなく店舗やオフィス、工場、屋外、スポーツ施設など、あらゆる分野で活躍できる仕事となる。
照明コンサルタントの資格があれば、照明関連の企業への就職が有利になる。
また建築やインテリア部門で働く人にも役立つ。
資格取得は、制照明学会が行っている講座を受講するだけ、1年間の通信講座(スクーリング1回) を受けて課題を提出し、すべて合格点に達すると、認定証がもらえる。



・受験資格:特になし。
・合格率:約30%。
・受験料:2万8560円。

さらなるスキルアップとしては、「照明士」資格がある。
こちらは、照明コンサルタント認定後5年経過する、または照明関連の実務経験が5年以上の人が受講資格となる。
dtp 基本:http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/detail/0010030971-S001067-0010056548/
ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)の資格 & 介護支援専門員(ケアマネージャー)のお仕事


カフェの総合プロデュースをする「カフェプランナー」の資格。
カフェプランナーになるためには、佐奈栄学園の「カフェビジネスコース」「短期カフェビジネスコー ス」の卒業生か在校生、または1 年以上の実務経験者であることが必要。
その上で、協会の実施する4 段階の筆記と実技試験を受験して合格したものに与えられる資格となる。
資格取得後は独立して、資格で得た技術と創造力を生かし、自分スタイルのカフェを聞くこともできる。



・合格率:約80% (4級)、約30% (2級)
・受験料:4000円

試験内容は、
4級が基本的なコーヒー、紅茶の湾れ方や正確な器具の使い方の試験。
3級ではアレンジドリンク、アレンジコーヒーとアレンジティーの流れ方および正確なエスプレッソマシーンの使い方、器具の名称と使い方と接客技術の試験。
2級はエスプレッソマシーンを使ってのアレンジ、アレンジティーとケーキのテーブルデコレーションや基本的なフルーツカツティングとデザートデコレーションの試験。
そして1 級はデザートデコレーション、軽食メニューとテーブルデコレーションなどの試験となる。
cg ゲーム

ファッションデザイナー資格 & CAD利用技術試験の詳細

CAD利用技術試験の詳細。
CAD利用技術試験には、1級、2級、基礎がある。

◆基礎試験
基礎試験は、半年程度の勉学経験がある者やCAD システムに関係する職業についてまだ間もない者が対象となる。
将来CAD システム関係に就職、転職を希望する者も含まれる。
CAD システムの基礎知識、ならびにPCN (パーソナルコンピュータ・ネットワーク) の基礎知識、製図、図形の知識が必要。



◆2級試験
2級は情報セキュリティの基礎知識がある半年以上の実務経験者が対象。
CADシステムを利用し、主に製図業務に従事する人向け。
CAD システムを操作するための十分な知識、PCの一般的な知識、製図の基礎知識が必要。

◆1級試験
1級は、実務経験1 年以上の者が対象。
CAD システムを利用し、主として設計・製図業務および2級資格取得者などの指導ができる者となる。
またCADシステムを操作するためのCADシステムのハードウエア・ソフトウェアについて高度な知識が必要。
個人受験者はノー ト型パソコンとCADソフトを自分で用意する必要がある。

2級と1級試験の併願受験ができるが、1級が合格点に達しても2級が不合格の場合は両方不合格となる。
cadエンジニア(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/detail/0010043693-S001566-0010044638/)

会社選びは自諭の個性に合わせて慎重に。
デザイナーになるには、果たして大手のアパレルがよいのか、小規模な会社の方がよいのか、は一度は悩むもの。

こればかりは、就職を希望する人の個性や会社に対する適応力に関係するので一倍にはいえないことである。
デザイナーをめざす時、会社の規模は一長一短であることである。
だから、自分が選んで採用された会社なら、まずそこが最良の職場だと考えて働くのが一番ということである。
一番大切なのは、デザイナーとして、第一歩を踏み出すことであるのは間違いない、それが一番大切である。
もちろん、大手の会社には大手としてのやり方がある。
また小さな会社には小さいなりに魅力がある。
会社は大小に限らず、商品企画からデザイン、サンプルつくり、縫製、必要なら販売まで、担当する必要があるかもしれない。
若いデザイナーにとっては、経験を積むよいチャンスととらえるのがよい。


◆ファッションデザイナー資格とは。
社団法人JAKDA(JapanKnitwearDesigner1sAssociation)という、ニット産業の活性化と振興に寄与することを目的とした通商産業省・生活産業局認定の公益法人がある。
このJAKDAにて「ファッションデザイナー資格」検定が主催されている。
この資格には、1級から3級がある。
内容はファッションの基礎知識(商品・素材・色彩)からマーケティング分析、商品作両棉案、デザイン画、アパレルマーチヤンダイジング等の専門知識が問われる。
ここが主催する資格検定は、他にもブロバタンナー、アパレルCADバタンナー、ディスプレイコーディネーターなどいくつかある。
自分のレベルにあった資格を受験するのがおススメfであり、デザイナーの道になる。
建築 3d cad

|
| top |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
資格マスター
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]